面長をごまかす方法|メイクで細長い顔は誤魔化せます!

私は、面長な顔の形にコンプレックスがあります。
けして顔が大きいということではないのですが、顔の幅がないことと顔の肉付きがなく、コケた印象なことが余計に面長に拍車をかけて見えているように感じ、気にしているポイントです。
面長は、大人びた印象になりやすいとよく聞いていたので老けて見られてしまうのではないかということも気になり、老けて見えてしまわないようになるべく明るめな髪色とメイク、ファッションをポイントにしていることも冒頭においておきます。
面長をカバーするポイントとして2つの対策方法があります。
1つ目は、ヘアスタイルです。
なるべく前髪を作り、顔のあらわになる部分の面積を狭くすることを気をつけています。
さらに髪のトップからサイドにかけてのボリュームを出したスタイルにし、重点を上の方におけるようにしています。
私は、くせ毛なのでストンと落ちるようなサラサラロングヘアに本来、憧れがあったのですが、面長がロングヘアにしてしまうと余計に面長な顔を余計に目立たせてしまっているようで嫌煙し、肩ほどの長さにしていました。
ですが、この方法にするとロングヘアにしても縦長のラインがさほど強調されず、伸ばしたヘアスタイルも楽しむことができるようになりました。
ロングにした時のポイントは、短いヘアスタイルの時よりもふわっと!がポイントです。
そしてもう1つの面長対策方法はメイクです。
眉、アイメイク、チークをできるだけ横に横に強調する仕上がりになるイメージです。
眉の形は山をつけずに平坦な形にしできるだけ太めにします。
太めにするのは、顔の印象を和らげることと老けた印象をつけないためです。
どうしても眉を細くしてしまいますと面長な顔立ちにありがちな老けて見えてしまうことを回避するのにも役立ちます。
シャドウは、濃いめな色を目尻側に寄せたアイメイクをします。
目をできるだけ大きく見せたい!という気持ちがあるので、黒目の中央上辺りを意識してあげてしまうのですが、やはりこれも目の縦のラインを強調してしまい面長な人には強調したくない部分を強調してしまうように感じてしまいます。
なのでマスカラも目尻にたっぷりとつけるように意識した仕上げるようにします。
チークは、横に平行に伸ばし広げるイメージでのせていきます。
色味は、肌の色に合わせるのが一番ですがオレンジやコーラルピンクを使うと膨張しやすく、面長さんには使いやすい色合いだと感じます。