お金をかけずに憧れの二重まぶたになりました!

私は50才過ぎです。今じゃ化粧もしないで外出してもへっちゃらです。でも小学生のころ初恋というものを経験してから奥二重と低い鼻、それに少し目立つエラ張りのラインを気にしはじめました。
小学生のあだ名が『ゴリラ』顔のことなのか、はたまた当時から怪力で思いものを軽々と持っている様子を見てつけられたあだ名なのか、幼心にキズつきました。
通りすがりによく『ブスブス』と言われてました。
最初は悔しい半分、悲しみが半分…
母に整形手術をしたいといいました。そしたら母も整形したいといってました。
確かに親子そろって鼻ペチャですが、母は見た目が可愛いのです。なのになぜ母から産まれた私はこんなに醜いのか?不思議でした。
父も今で言えばイケメンタイプです。私は二人の子供か?と疑問に思ってました。
当時の美容整形は今よりはるかに高い料金でした。雑誌の広告見て電話で料金を聞いて、一生無理と思いました。
鼻は高くは出来ないが、奥二重ならハッキリとした二重に出来るかもしれない、と思い糊タイプの二重に挑戦。あれは結構難しいです。キレイに塗れたためしがない。
お金ももったいないので、ヘアピンで見た目がちょうど良い辺りを探りました。毎日毎日毎日ヘアピンでまぶたの目頭から目尻まで深くグリグリと行ったり来たりの往復を日課にしました。するとあら不思議。いつの間にか本当の二重になりました。
時間はかかるがお金をかけずに二重まぶたに成功です。
根気は必要だと思いますが諦めず、また整形手術もしないで本当の二重になったらラッキーです。
やはり見た目が変わりますね。ブスから見た目普通くらいになりました。やれば出来る!ある意味自信が持てます。
そして耳を隠してエラより少し長めに髪を伸ばします。そうすれば見た目が小顔っぽくなります。見た目普通からちょっと可愛いになりました。
モテ期というのは本当にあるもので、こんな不細工顔な私にも、頑張って作った見た目の可愛いさに騙される男の方々が当時10人は現れました。
メイクは流行りに走らず自分の好きなピンクで統一し可愛さアピール。
大人の女性を演出するより、可愛い小顔の女の子を強調しました。
当時は眉太が流行ってました。バブル時期でしたから、自分でお金を出してお酒を飲まなくても、見た目可愛さに騙された男の方々がおごって当然、ご馳走さま、って感じでした。それもこれもコツコツ毎日ヘアピンで二重になれと念じながらグリグリした結果かなぁ、と思ってます。

アイプチで二重にプチ整形メイク!美容整形は行わない主義です。

私は顔のコンプレックスを上げるとキリがないです。
まずは、顔の輪郭そのものがもうだめなのです。顎の奥行きがなく、太ってないのに二重顎なので、実際の体重よりもずっと太って見えます。
しかも、全体的に顔の骨が発達していないのか、鼻も低いしおでこもきれいなカーブを描いていません。
女優さんとかって、おでこを出してもキレイなまるいおでこで、顎もほんのちょっとだけしゃくれてますよね。
自分は絶対に絶対に美人にはなれないんだと確信しました。
そんな中でも、唯一メイクでどうにかできて、しかも顔の印象では大きく左右する場所が目です。
私、二重顎で鼻も低くて上を向いた鼻で、さらに目がはれぼったい奥二重なんです。
本当に、呪いとしか思えません。
一重や目の小さい女性ならわかると思うのですが、もう必ず怖いとか、怒ってるのとか言われます。
今までで1番嫌だったのは、学生時代1番前の席だった時、担任の男の先生から「おい、寝るな!」と言われたことです。
私はもちろん起きてますが、目が細いせいか寝てると思われ、挙句クラスメイトは私が居眠りを注意されたと思い爆笑です。最悪でした。
そこで、まずは目だけでも変えようとアイプチを始めました。
最初アイプチを始めたときは、挫折するくらいうまくいきませんでしたが、1週間ほどで慣れてきます。
まずは、瞼の目頭を基準にアイプチの筆で線を描きます。
この時、注意書きには付けすぎないように書いてありますが、瞼がはれぼったく厚みがある人は、ちょっと幅も大きめにして多めに塗ることをおすすめします。
線を描いたら20秒ほど乾き始めるのを待ってから、付属のスティックで線の部分を押し込み、二重を作ります。
これによって、眼球の奥に瞼の皮膚が押し込まれるような形になるので、必然的に目の皮膚が持ち上がって、二重の線ができるだけでなく目も大きくなります。
ここで、アイシャドウを付けますが、瞼が厚い人はしばらくの間はちょっとバレバレなくらい皮膚がくっついた状態になりますので、ダークブラウンなどのアイシャドウを付けましょう。
この方が、二重の線も見えづらくなって、アイプチしている感じは隠せます。
あとは通常通りマスカラなどを使って仕上げてOKです。
ただし、目がコンプレックスの人はアイラインを使うと思いますが、ペンシル系のアイラインを引くと、アイプチが取れてしまうことがあるので、アイラインはあきらめた方がいいです。
だんだんと、二重に慣れてくると、アイプチを使わなくてもよくなるので、その時まで我慢してください。あるいは、リキッド系のライナーをそっと引くくらいなら耐えられます。
以上が、目のコンプレックスを改装するアイプチメイクの方法です。

面長をごまかす方法|メイクで細長い顔は誤魔化せます!

私は、面長な顔の形にコンプレックスがあります。
けして顔が大きいということではないのですが、顔の幅がないことと顔の肉付きがなく、コケた印象なことが余計に面長に拍車をかけて見えているように感じ、気にしているポイントです。
面長は、大人びた印象になりやすいとよく聞いていたので老けて見られてしまうのではないかということも気になり、老けて見えてしまわないようになるべく明るめな髪色とメイク、ファッションをポイントにしていることも冒頭においておきます。
面長をカバーするポイントとして2つの対策方法があります。
1つ目は、ヘアスタイルです。
なるべく前髪を作り、顔のあらわになる部分の面積を狭くすることを気をつけています。
さらに髪のトップからサイドにかけてのボリュームを出したスタイルにし、重点を上の方におけるようにしています。
私は、くせ毛なのでストンと落ちるようなサラサラロングヘアに本来、憧れがあったのですが、面長がロングヘアにしてしまうと余計に面長な顔を余計に目立たせてしまっているようで嫌煙し、肩ほどの長さにしていました。
ですが、この方法にするとロングヘアにしても縦長のラインがさほど強調されず、伸ばしたヘアスタイルも楽しむことができるようになりました。
ロングにした時のポイントは、短いヘアスタイルの時よりもふわっと!がポイントです。
そしてもう1つの面長対策方法はメイクです。
眉、アイメイク、チークをできるだけ横に横に強調する仕上がりになるイメージです。
眉の形は山をつけずに平坦な形にしできるだけ太めにします。
太めにするのは、顔の印象を和らげることと老けた印象をつけないためです。
どうしても眉を細くしてしまいますと面長な顔立ちにありがちな老けて見えてしまうことを回避するのにも役立ちます。
シャドウは、濃いめな色を目尻側に寄せたアイメイクをします。
目をできるだけ大きく見せたい!という気持ちがあるので、黒目の中央上辺りを意識してあげてしまうのですが、やはりこれも目の縦のラインを強調してしまい面長な人には強調したくない部分を強調してしまうように感じてしまいます。
なのでマスカラも目尻にたっぷりとつけるように意識した仕上げるようにします。
チークは、横に平行に伸ばし広げるイメージでのせていきます。
色味は、肌の色に合わせるのが一番ですがオレンジやコーラルピンクを使うと膨張しやすく、面長さんには使いやすい色合いだと感じます。

「もう女装とは言わせない!」女らしいメイクはじめました!

私は、身体つきもガッチリとしていて 顔も濃いめです。
つり目気味なのでスッピンの時は、常に不機嫌な人みたいに見られます。

中学生で初めて化粧をして、中高大学生と毎日ではありませんが人並みに化粧をして女として普通の生活を送っていました。でも、ニューハーフみたいだね。女装してるみたい。とからかわれた事も何度もあります。
自分でも 鏡に映った姿を見て納得してしまい 自分に全く自信が持てずにいました。そして、化粧をする事をやめていました。

3年前に、フォトスタジオで写真を撮ってもらう機会があり、その時にスタイリストの方にヘアメイクをしてもらいました。初めて自分以外の人に化粧してもらうのでとても緊張しましたが、支度が終わって鏡を見ると ちゃんと女らしい私が居ました。 あのときの衝撃は今も忘れられません。
私でも、ちゃんと自分の顔を理解して 顔に合った化粧をすればこんなにも変われるんだ。こんなにも自分に自信が持てるんだと前向きな気持ちになれました。
その日から、私は自分の顔を鏡でしっかりと見て 理解して雑誌やSNSを使い化粧を勉強しました。

今では、 一番のコンプレックスである つり目を柔らかな印象の目元にするため 少しタレ目になるようにアイラインを引いています。目頭は細く、黒目の上のあたりは少し太めにカーブを描いて 丸っこく可愛らしい瞳になるようにしています。アイシャドウは、落ち着きのあるブラウン系の色を使い 目尻の下(下まつげ)にも薄く塗ります。
まつ毛は、ビューラーでゆるやかにカーブをつけ ロングタイプのマスカラを使って 目の頂点部分が長くなるように塗っています。 目を縦方向に大きく見せる事で、つり目を緩和し 冷たい印象を与えないようにしています。
それから、口も横に大きめなので 口紅も唇全体にしっかりと塗るのをやめました。薬用リップで唇全体を保湿してから 唇の中央部分に口紅を塗り、じんわりとぼかす様に軽く叩いて塗り広げ、グロスはラメのないクリアなものを薄く塗っています。

化粧を勉強し、変えてから 男が女装してるみたいだね。と言われる事も無くなりました。
むしろ、顔が優しい雰囲気になると 身体つきもふんわりして見える様で ガッチリ体型をからかわれる事も無くなりました。なにより、自分に自信が持てることで 人と話す時も自然と笑顔になり 心まで軽くなりました。

もともと顔の毛も人より多かったのですが、エステサロンで脱毛もしました→※ディオーネで顔脱毛受けました!※画像あり!口コミ体験談!
今では スッピンで過ごす時も明るい気持ちで過ごせています。自分を知り、自分を好きになれました。

まずは自分を理解して、自分が自分を好きになること。それだけで明るく前向きな気持ちになれますよ。

寄り目で悩んでいる人必見!寄り目をうまくごまかすためのメイク

私の顔は目が真ん中に普通の人よりも寄っていると思います。例えるなら前田敦子さんのような感じです。前田敦子さんが活躍するようになってからは、それも長所であるかのような感じになり悪くは言われなくなりましたが、学生のときは「目が怖い」と男子から、からかわれていました。人の顔は目が離れていると少しとぼけた顔にはなるのですが、おおらかで優しそうな顔に見えます。つまり、裏を返せば、目が寄っている顔は神経質でいじわるそうな顔に見えてしまうということです。
ですから、メイクで目の形を変えてしまうことで、欠点をカバーすることにしました。
最近は普通の男性の芸人さんとかが女装したときに、すごくかわいかったりすることありますよね。そういう人がどういうメイクをしているのか、じっくり見るとその仕掛けがわかりやすいと思います。
まず寄り目を目立たないようにするためには言うまでもなく、アイメイクが肝となります。
特にポイントとなるのは目尻の部分です。
ラメが少し入ったようなクリーム色のアイシャドウベースやゴールドのアイシャドウなどをまぶた全体と涙袋のところに塗り込みます。

それからブラウン系統のアイシャドウを二重幅に塗ります。そして、先ほどの二重幅に塗ったアイシャドウよりもワントーン濃いくて暗いブラウン系統のアイシャドウを小指にとり、目尻のあたりに塗り込みます。目尻のところにひらがなの「く」を書くようなイメージです。上まぶた、下まぶたともに1/3くらいのところに暗いアイシャドウを入れるイメージです。
これだけでかなり目が大きくなりますので、寄り目のイメージがなくなります。アイライナーをひくのが苦手だという不器用さんはここまでの行程で終わっても大丈夫です。
手先に自信のある方はさらにアイライナーも使って目元に深みを出していきます。
ブラウン系統のアイライナー(どんなタイプでも良いです。)で粘膜のところにインラインを引いていきます。
そして、目尻を少しはみ出して長めにアイラインを書きます。少し下がり気味に書いた方がかわいいです。猫目のようにはねあげる書き方は、寄り目の人には向いていません。
余裕があれば、チークの入れ方も工夫することができれば、尚良いです。あまり頬の内側に濃くチークを入れるのではなく、頬の外側に向かって、ほんのりと薄く広くチークを入れることによって、目線を外側に向けることができます。色は、ローズ系統のピンクがオススメです。

厚い唇を活かすメイク知っていますか!?私のとっておきメイク法!

私のコンプレックスに思っている所は唇が厚いところです。今はぷっくりとした唇が流行っていますが、子供の時は「たらこ唇」とからかわれるのがとても嫌で広末涼子とかの薄い唇にずっと憧れていました。唇が厚いので、少しふてくされている様な表情に見られる事もあったりして唇を噛んで薄く見せるのがクセになっていた時期もありました。
また大人になってメイクをする時にずっと唇の色味をファンデーションやコンシーラーなどで決してなるべく色を付けない様にしていました。最近赤リップが流行っており赤い口紅にも挑戦してみましたが、唇の印象が強くなり過ぎている事が気になってしまい付けたくても付けることが出来ませんでした。その為、あえてベージュ系の肌に馴染むような色を付けてなるべく唇が目立たない様に意識していました。テレビで唇にヒアルロン酸をうちぷっくりとさせるプチ整形が流行ってるというのを聞いた時とてもびっくりしたのを覚えています。
20代の頃はベージュ系のリップにがっつりアイメイクでも良かったのですが、30代になってからはガッツリすぎるアイメイクもしなくなり、それに対して唇がベージュ系や色味が無いとどうしても老けて見えると感じていた為久々に明るい色のリップにチャレンジする様になりました。メイクの時は全体にベタっと塗ってしまうとどうしても唇が強調され過ぎてしまうので、私はまず筆にコンシーラーを取り、口角を上げる様に下唇の端と上唇の端に塗ります。そして色味はオレンジ系や青みピンクなどを使うようにしています。やはり真っ赤はあまり似合わないので、真っ赤を付けたい気分の時は敢えて少しダーク系の色味やパープル系の色味が混ざったものを付ける様にしています。また、リップペンシルで唇の輪郭を取る際は下唇の両端だけをきゅっと上げた感じで形取る様にしています。上下ともがっつりリップペンシルでラインをひいてしまうと、より唇の大きさが強調されてしまう気がするからです。
最後に唇の中心にだけグロスを上下に付けてぷるっと見せる事で唇に立体感を出させる様にしています。
あえて唇を隠そうとするのではなく、少しハッキリした色味のリップを塗っている今の方が唇の厚さが気にならなくなりました。また友人にぷっくりとした唇に憧れる!と言われた事も何度かあり自信を持つことが出来ました。もし同じ様に悩んでいる方がいらっしゃれば、敢えてリップメイクを楽しんで頂きたいです。唇がぷっくりとしている事でセクシーに女らしく見えるメリットも沢山あると思いますので、自分に似合う色を見つけて自信を持って欲しいです。

大きな団子鼻を目立たなくする私のメイク方法

私は顔の一部にすごくコンプレックスを持っています。それは鼻でとにかく団子鼻で大きく目立っていて、笑うと余計と団子鼻が浮き上がる状態でさらに目立ってしまうのですごく恥ずかしいです。私の鼻の大きいのは私が子供の頃から親にもよく冗談を言う感じでからかわれていたし、学生の頃にもよく友達から私の大きさで色々とニックネームを付けられたりしてすごく嫌でした。好きな人が出来ても、運良く付き合えたとしてもやっぱり鼻のことはいつもからかわれていてすごくショックでした。学生の頃からずっと鼻に関してだけはものすごくコンプレックスを持っていて、そんなに私の鼻は大きいんだ、と自分でも鏡を見るのが嫌になるほどでした。

社会人になってずっと気になっていた鼻を何とかしたいと思い、学生の頃は洗濯バサミで鼻をつまんでみたりしていたのですが、余計と鼻が赤くなったり、晴れたような感じになってしまって逆効果だったので、大人になってからは鼻痩せマッサージをしてみようと思って、自分で鼻の周りを常にマッサージをしたり、顔全体をしっかりとマッサージして少しでも顔のお肉を引き締めようとしてみました。でもやっぱり効果がなくて、そして今度はメイクで鼻を何とかしてみようと思うようになりました。

私がしているメイクは、普通にファンデーションとかで顔にお化粧をした後で鼻にアイシャドウの焦げ茶色を化粧筆で鼻の真ん中の部分を残すようにして縦に線を引いていき、眉毛のところまで繋げるようにします。そして、余りにも線がくっきりとしていてはいかにも描いていますというような感じになってしまうので、化粧筆や指先でその線をぼかしていきます。そして鼻の中央の部分にはアイシャドウの白を使って指で縦にサッと色を塗るようにすると鼻が高く細く見えるようになります。そしてその後ファンデーションでもう一度鼻の部分を綺麗にぼかすようにすれば鼻のラインがすーっと伸びるような感じで団子鼻が目立たなくなってすごくいい感じになります。

私が使っているのはアイシャドウですが、ノーズシャドウよりも比較的手軽にどこのお店でも見つけることが出来るので、私はアイシャドウの茶色を使っていますが、もしもノーズシャドウが購入できる場合にはそっちの方が綺麗に仕上がるかもしれません。このメイクをすることで、鼻のラインがスッキリとした印象になるので全体的に大きめの団子鼻の私でもお化粧をすることで全く見た目が団子鼻に見えない状態になりました。写真に撮ってみるとその差がすごくはっきりと出るので、実際に鼻に付けるアイシャドウもしくはノーズシャドウの濃さやラインを写真に撮って自然に見えるように確認しながらメイクをしていくと良いと思います。

私と同じように団子鼻で恥ずかしい思いをしながら、嫌な思いをしながら生活をしている人も、手持ちのアイシャドウで簡単にスッキリと治すことが出来るので、整形とかを考える以前にぜひメイクで団子鼻の悩みから解放してみて下さいね。慣れたら数分でササッと素敵な鼻のメイクが完了するので、コンプレックスをササッとメイクで解消して笑顔で毎日生活しましょう!